寄り添う二人

重要な素材選び

ペアリング

結婚指輪を選ぶ時は、素材が一番重要なのはご存知ですか?どうして重要なのかは、ずっと身に着けるジュエリーになるからです。
ずっと身に着けるのなら、痛みが起こりにくいもの、手入れがしやすいものが良いですよね。
ですから、そういったことを考えて素材を選ぶことが結婚指輪では必要になってきます。
結婚指輪の素材は、プラチナ、ゴールド系、シルバー、パラジウムなどといったものがあります。
この中で人気の素材は、やはりプラチナでしょう。プラチナは、希少価値の高い素材になりますが、傷や痛みが起こりにくく手入れも行いやすいのが特徴です。
値段も高い素材ですが、耐久性も加工のしやすさもトップクラスになりますし、金属アレルギーを持っていても身に着けられるのでお勧めです。
プラチナの次に人気なのは、ゴールド系です。最近では、純金と別の物質を配合させたカラーゴールドが人気です。
人気のカラーゴールドは、プラチナの輝きに似ているホワイトゴールド、女性の肌を映えさせるピンクゴールドです。
ホワイトゴールドは、プラチナと似た輝きなのに価格はプラチナに比べて安いですし、価値もそれなりにあります。
ピンクゴールドは、日本人の女性の肌にとても合うので、ゴールド系なら女性はピンクゴールドにするというカップルもいます。

結婚指輪にあまりお金をかけられないという場合は、パラジウムやシルバーがお勧めです。
これらは、価格がそこまで高くありません。パラジウムは、加工がしにくいのですが、プラチナと同じ輝きを持っていて低価格ですし軽いので常に装着する人にはお勧めです。
シルバーは、金属アレルギーを持っていない人なら最適な素材でしょう。これは、貴金属の中でも加工がしやすいのでデザイン性の高い結婚指輪を作ることができます。