寄り添う二人

大切な指輪の手入れ

式の風景

大事な結婚指輪となれば、手入れや保管方法がとても重要です。毎日身に着ける人も特別な時や外出の時だけ身に着ける人も、手入れを保管方法は徹底的に行なわないといけません。
では、どうやって手入れや保管方法を行えばいいのか紹介します。

手入れ方法

結婚指輪の素材は、プラチナ、ゴールド、パラジウム、シルバーなど色々な種類があります。それに、中にはダイヤモンドなどの宝石が付属しているものもあるでしょう。
それぞれの素材によって手入れ方法が異なりますが、主な手入れ方法は金属を磨くことになります。
金属を磨く時は、専用の布などを使って行います。これは、ジュエリーショップなどで販売されているので購入しておいたほうがいいでしょう。
他にも、金属に付着してしまっている汚れなどを取る専用の液もあります。液を利用する場合は、宝石が付属していると痛めてしまうことがあるので、何も付属されていない結婚指輪だけに利用して下さい。

保管方法

結婚指輪の保管方法は、指輪を入れておくボックスに入れて保管するようにして下さい。
普段身に着けているジュエリーと一緒に結婚指輪を保管している人もいますが、その場合は他のジュエリーとぶつかってしまい、傷がついてしまうことがあります。
それに、沢山の中に入れておくと無くしてしまう可能性が高いので、できるだけ結婚指輪単体で保管するようにしたほうがいいでしょう。
そうすれば、傷を付けてしまったり、無くしてしまったりすることを避けられます。